脱落を未然に防ぐ|歯の根元部分から口内環境を改善!矯正歯科治療の有効性
ロゴ

インプラントの機能性を維持【メンテナンスの重要性】

一生つけるものだからこそ重要なメンテナンス

自前の歯と変わらないインプラントだからこそ、一生機能性を維持するためのメンテナンスは重要です。メンテナンスを怠ればどんな症状が現れるのか、費用はいくらかかるのか、どれくらいの頻度行なえばいいのでしょうか。

インプラントメンテナンスの前にチェックすべき情報

海外でインプラント治療を受けた場合

海外旅行中に、装着したインプラントの脱落トラブルなどが生じた場合、現地の歯科で治療を受けざるを得ません。帰国後、注意してもらいたいのが、かかりつけのクリニックにも同じ部品があるか確認すること。インプラント部品は、世界中に100種類以上存在しているのと、国によって部品の規格から取り外しが異なります。海外で装着した部品と同じメーカー品があるか、トラブルが起きたらすぐ対応してくれるか確認しましょう。

治療後に引っ越しが決定したら

インプラント施術後に、引っ越しが決定してしまったら、同じクリニックでの経過観察やメンテナンスが難しくなります。時間が取れる場合は、クリニックにその旨を伝えてスムーズに治療が受けられる病院の紹介状を書いてもらいましょう。それが不可能なら、引っ越し先にあるクリニックにスピーディーにメンテナンスの受付け可能なクリニックを探してください。

インプラント周囲炎を防ぐためのアイテム

簡易的に、インプラントの脱落を防ぎたいなら、電動歯ブラシを利用するのがおすすめ。手短に歯垢を落として口内を清潔にしたい、歯の表面に付着した汚れを徹底洗浄したい人にうってつけのアイテムです。

脱落を未然に防ぐ

インプラント

インプラントにメンテナンスが必要な理由

装着すれば、しっかりと噛みしめられるのがインプラントのメリット。骨に部品をしっかり結合させることで、自然の噛み心地を実現出来ますが、一生その噛み心地をいつまでもキープしていくためには、メンテナンスは重要となります。

インプラントを長持ちさせるテク

自前の歯と同様に利用できるインプラントでも、手入れを怠ってしまえば、歯垢の蓄積によってインプラント周囲炎を発症するリスクが高まります。周囲炎による脱落を防ぎ、一生キープし続けるために東郷町の歯科でインプラントメンテナンスサービスを利用しましょう。

メンテナンス費用の内訳

東郷町などの歯科で受付けているインプラントメンテナンスサービスは安くて3,000円程で利用できます。ただし、歯の状態によっては、費用が高騰化します。また、メンテナンスは健康保険が適応されません。利用予約をする前に、いくらかかるのか直接クリニックに確認しておきましょう。

メンテナンスの頻度

インプラントメンテナンスの回数目安として、装着した最初の年に関しては3カ月に1回程。それ以降は年に2回か3回程メンテナンスを行なうのをおすすめします。ただし、人によって口内の状態は違ってくるので、最適なメンテナンス回数は担当の医師に相談した方が良いでしょう。

広告募集中